01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

文字を大きく・小さく

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

トレヂエ通信

知識より、もっと広いところに行こう。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

オリンピックネタ

2010.02.17/Wed/12:27:33

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
昨日のテレビはオリンピックスピードスケートの長島選手と加藤選手の話題で持ち切りでしたね~。
弊社スタッフもついつい画面を食い入るように見てしまいます。


と、ここで弊社キムヤマの今朝の発言↓

「オリンピック会場で、スピードスケートの選手が試合前にm3を使ってアップしてんのが映ってたぞー」

おお、さあすがあ!m3がオリンピックの晴れ舞台に使われているのももちろん流石!ですが、それがたまったま、テレビに映っているのを見てしまうのも流石です。(手前味噌でスミマセン)。

スピードスケートの公式サイトを見ると、確かにそのようです(クリック→拡大)。
公式ページ
もちろんアップにも使えます。

で、その証拠写真を、と思い、先程からゆーつべ(Youtube)などを検索しまくったのですが、オリンピックの画像はなにしろ規制がかかっている事が多いようで、見つからず・・・。くー、くやしい。

という訳で、せめて、半証拠品として、コチラのサイトをご覧下さい。

スピードスケートの会場、リッチモンド・オリンピックオーバルの内部です。
http://richmondoval.ca/virtualtour/virtual_tour_new.htm

level2の一番右下のマル=Cycling&Rowing(サイクリングジム)と書いてある部分をクリックしてみて下さい。
マップ



バーチャルツアーで360°見渡せます。m3ありますよ~。
m3オリンピック

複数の目撃情報によると中継されていた際にはもっと沢山のm3がかたまって置かれており、選手の皆さんが、がしがしと漕いでいたそうです。


おまけはフィットネスルームからの光景。
フィットネスルーム

もれなく、カイザーのトリプルトレーナー、ハーフラック、お、ランナーなんかも見えますね!世界の檜舞台に登りつめるのに、KEISERは欠かせませんよ!!!オリンピック中継をご覧になるときはトレーニングマシンもお見逃しなく。
スポンサーサイト
カテゴリ: m3
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

トレヂエ発掘 パート2

2010.01.29/Fri/13:40:10

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
まずは、こちらをご覧下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


_MG_2481.jpg
鬼前。

後
鬼後。

弊社秘密兵器オッケー安達。上が2008年11月、下が2009年6月の写真です。
この間にm3&m5で地球何周かはしているはずです。

ということでレッツ再発見、本日の発掘作業はこちら↓
「鬼前→鬼後の極意」の巻
http://www.fitnessapollo.jp/mseries/studio/index.html

m3のノリもさることながら、筆のノリもなかなかに鋭いミッドライフの一等星オッケー。これからペダリングレッスンを始めたい方、ご導入をお考えの施設様、教官にシゴかれたいインストラクター候補の方、絶対回転数とは何ぞやを知りたい方、牛久大仏をもっと詳しくお知りになりたい方等々、是非ご一読を。


カテゴリ: m3
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

m3使い方続報

2009.10.14/Wed/12:32:14

こんにちは。トレヂエ通信特派員アコです。
m3ならではの使い方がまたまた特派員に寄せられました。

こちら投稿主。にこやかな弊社受託施設の鈴木猛マネージャー。
ピクチャ 3
ネタをありがとうございます。

先日の1000キロカロリーの男が究極の個人技ならば、こちらは団体秘技でございます。
その名も、
ザ・m3はインドアバイクなのにアウトドアイベントができる!

TEAMm3の間では恒例になっていますが、ある時は公園で、ある時は駐車場で、そしてある時はビーチで潮風に吹かれながら、と様々なアウトドアイベントを仕掛ることができるのが実はm3ならではの強みです。

例えば、鈴木マネージャー筆頭で企画した施設の秋祭りイベント。
ピクチャ 4

いつもはスタジオに設置されているm3ですが、この日はお外に出してもらっていまーす。
m3アウトドアイベントには欠かせない、アリーバ清水。
若手、相楽(サガラ)くんとレッツm3。
ピクチャ 7

ピクチャ 6
電源不要のm3だからできること。コンパクトなので、ワゴン車にも積み込めますし、ボディーには小さなフロントウィールがついているので、コロコロとカンタンに転がして移動させる事が可能です。普通のリカンベントバイクではこうはいきません。いつも参加されているレギュラーメンバーさんも、こういう気分転換で楽しんでいただけます。


ピクチャ 5
秋空のさわやかさとm3はとても相性がよろしいのですよ。


一粒で2度も3度もおいしい、どっかのアーモンドチョコレートみたいなm3。皆さんの施設でも是非お使いになってみてはいかがでしょう。ご一報下されば、TEAMm3がm3を引っさげてどこへでもお伺いしますよー。




カテゴリ: m3
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

m3スゴい使い方(オッケー安達編)

2009.10.05/Mon/15:50:01

こんにちわ。
トレヂエ通信特派員アコです。
前回でもお伝えしましたが、m3使用法、続報が入ってまいりました。
本日は弊社秘密兵器・営業兼TEAM m3インストラクター、オッケー安達からの投稿です。
前置きなし!さっそくどうぞ!!


カイザーm3バイクの楽しさが、ティップネスを始め、浸透している今日この頃。今回はワタシ、オッケーアダチのホームグランド(というか自宅からダッシュで30秒!70すぎた母親も毎日通ってます!)スポーツクラブ牛久さんのトピックを。


思えば、昨年7月、ペダリング、ミュージックロード普及のために立ち上げたTEAMm3の活動に真っ先に賛同して頂き、昨年9月よりバイク6台導入し、トレジム内で30分のレッスンを開始! 3月にはm5×3台追加そして今年9月にはバイクを5台追加し11台でアツイ、レッスンを続けています。まさにホップ、ステップ、ジャンプというカンジですが、なんと最初に入れたバイクの総走行距離が、2万キロオーバー!サンデードライバーの自家用車より乗ってます!

証拠写真↓
ピクチャ 2
(2千キロではありませんよ)



「いったい誰がこんなに乗ってるの?」
と聞いたところ バイクインストラクターから「ウチの会員さんでスゴイ人がいるんですよ」との事。という訳で今回はその方の紹介です!

ザ・ 超人1000キロカロリーの男!!

この方↓
ピクチャ 4


ロードレース歴がある根本さん。仕事帰りに週4~5回はトレーニングされてるとの事。
競輪選手みたいな太モモマッチョな男を想像していましたが、ご覧の通り目元涼しげな35歳の男性です!

ストレッチをしながら簡単に取材させて頂いた後、さっそくトレーニング開始!


まずギアを16に上げ(えー !)70RPMからスタート。
ギア16をキープして90RPMまで上げる(えー!
音楽はなし、立ちこぎもほとんどなし(えー三連発)


この日は分でキロカロリー達成!
平均ワット数は345!
そうです、根本さんはバイクに乗ったら1000キロカロリー達成するまで止めない男だったのです!

インストラクターの自分でも1時間乗って700キロカロリーいけるかどうかですから、そのスゴサがわかると思いますが、根本さんの目標は45分以内でそれを達成すること。今までのベストタイムは46分・・・ってもうほとんど目標達成じゃないですか!


上には上がいるもんです(脱帽!
今年の3月からスポーツクラブ牛久の会員になられた根本さん。近隣のスポーツクラブも色々と見て回ったそうですが、スポーツクラブ牛久入会の動機は、

ズバリm3バイクがそこにあったから。

トレーニング方法も色々と試行錯誤を重ね、5月くらいから今のスタイルになったそうです。週末には地元、筑波山まで100キロ近く走るそうです。


ガンバレ根本さん! オレも頑張るよ!(笑&大汗


次回はスポーツクラブ牛久20周年記念イベントミュージックロード60(オッケーA&ジュリアーナM)の模様をお送り致します。(ネタ提供ありがとうございます。待ってまーす。by特派員)

オッケーアダチ
カテゴリ: m3
タグ: m3 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

m3導入ケーススタディ@ティップネス新宿店様

2009.08.19/Wed/15:40:00

こんにちわ、トレヂエ通信特派員、アコです。

今週はティップネス新宿店様にて栄えある第一回m3レッスンが遂に開講。大手チェーンクラブで一番乗りのm3デビューです。
この度はm3をご導入いただき、誠にありがとうございました。

その名も【RIDE30】。ショートプログラムと侮る事なかれ、しっかり汗をかくことのできる手応えばっちりのミュージックロードレッスンですよ!

ピクチャ 11

初日レッスンのトップバッターはティップネス新宿店マネージャー・松本インストラクター、AKA=”キャプテン松本”。弊社秘密兵器アリーバ清水・オッケー安達に代表されるように、m3講師にはもれなくライドネームがついて参ります。
ピクチャ 10

今日はこの良き日に至るまでの、文字通り汗と涙(は別に流してないようです)の記録を一挙ご紹介させていただきます。これからインドアバイクm3の導入をお考えの皆様、参考にして頂ければ幸いです。

★ミュージックロードへの道のり・ポイントその1【インストラクター養成】

m3を導入するにあたって最も重要なのが、安全に楽しく、かつ効果的に乗りこなすためのリーダーを創ること、つまりインストラクターの養成です。グループレッスンでは個人のペースを大切にしながらも、参加者全員が達成感を共有できるメリットがあります。つまり、一人だったらくじけちゃう~、ということもみんなでモチベーションを保ちながら続けていく、その的確なガイド役となることがインストラクターには求められます。弊社ではアリーバ清水・オッケー安達率いるTeam m3の活動で培ってきた様々なノウハウを1つにまとめ、インストラクターの養成講座を未来のm3指導者の方々にご提供しています。

例えばこんな感じ↓ティップネス新宿店様、スタッフの方々がADSSにて講習中の1シーン。ピクチャ 3

施設のお仕事をやりくりしながらの全員参加。養成は通常3日間ですが、諸処のご事情も考慮の上、無理のない日程を組んでいきます。

講義内容は大きく分けて、
1. バイクのセッティングとグリップの正しい持ち方。
2. 正しいライディングフォーム。
3. m3の抵抗(負荷)とそのメカニズム。
4. クラス計画と構成。
5. 音楽関連について。
6. インストラクション練習。
7. m3実技。

ピクチャ 1
習うより、慣れろ、も、また真理。皆さん真剣です。

ピクチャ 25
でも、時が経つにつれて、緊張もほぐれ、

ピクチャ 2
講義の内容を片手に、和やかに講習は進みます。インストラクターさんたちに必要なのはまず笑顔!(オッケー安達、なにげに舌出してます。何が起こったのでしょうか・・・)

ピクチャ 4
順番に【インストラクション】をしていくことで、様々な気づきが生まれます。ご自分のスタイルを編み出す一番の練習方法です。


★ミュージックロードへの道のり・ポイントその2【リサーチからレッスンオープンまで】

さて、実は、ティップネス新宿様の養成を始める前段階の準備として、TEAMm3が施設にお伺いし、デモレッスンを数回行っています。これが平日・休日の参加者の動向や、開催する時間帯等を知るための大切なシミュレーションとなる訳です。

もちろん今回インストラクターとして活躍するスタッフの方々へ『熱いペダリングスピッリット』も伝えておりました。(笑)

こちら、アリーバ清水のデモレッスン。やはり、実際に人気が出るのか、開催するにあたってどの時間帯がよいのか、気になりますよね。
ピクチャ 7

こうしたリサーチを踏まえ、インストラクターもばっちり誕生し、そして、納品。ここまで来るとグッと現実味が出てきます。
ピクチャ 5
ここでもオッケー安達登場(オッケーは世をはばかる仮の姿、実は弊社の営業さんです)。旅から帰ってきたスナフキンではありません。

m3の導入が決定したら、今度はお客様にお知らせする番です。広報活動は先手必勝。弊社で、ポスターや、DVDをご用意し、PR活動をバックアップします。
ピクチャ 6


★ミュージックロードへの道のり・ポイントその3【本番当日&フォローアップ】

準備万端そしていよいよ本番。キャプテン、登場です!
ピクチャ 14
年齢、男女の差を問わず、様々な方が一緒にトレーニングできるのがm3の大きな魅力です。

m3トレーニングは回転数を競うのではなく、音楽に合わせていきます。パワーのある方はギア(負荷)を上げることで抵抗値を増やし、運動レベルを上げます。

言い換えれば、クラスを続けていくうちに、「あれ?昨日は負荷を8までしか上げられなかったのに、今日は11までできた!」なんてことが、モニターを見ながら分かる訳です。

モニターには、負荷レベル(一番左下)をはじめ、回転数(一番上)カロリー消費量(上から2番目)心拍数(上から3番目-心拍計を装着すると表示されます)走行時間や距離の他、パワー値が表示されます。

パワー値はどれくらいの負荷でどのくらいの回転数で漕いだかによって変わります。例えば、ギア数1(抵抗なし)で毎分60回転するのと、ギア数10(ペダルはかなり重くなります)で毎分60回転するのとでは、パワー値=仕事量が違いますよね。m3は画期的な有酸素運動。音楽というエアロビクス的グループエクササイズの楽しい要素もありながら、的確な運動データがリアルタイムでフィードバックされるというメリットがあるのです。

ピクチャ 15
ピクチャ 17

15分も漕ぐとこの通り。大汗ゾーンに突入します。
ピクチャ 16

毎回言っておりますが、m3レッスンの際は水分補給をお忘れなく。
ピクチャ 12
ピクチャ 13

クールダウン、ストレッチも抜かりなく。m3はフロア系のエクササイズと異なり、膝に負担が少ないのも特長です。
ピクチャ 18

見守る弊社用務員。
ピクチャ 19


お疲れさまでした!次のレッスンが始まるので即撤収。移動も簡単です。
ピクチャ 21

キャプテン、デビューはいかがでしたか?
お話を伺って、アドバイスなどもさせていただきます。
ピクチャ 24

他にも、養成コースを終了すると、ブラッシュアップセミナーやクラスフォーマットチェック、インストラクターアクションスキルなど、様々な角度からのフォローアップを行っています。


廊下にも、ポスター。
ピクチャ 22

フロントにも、ポスター。
ピクチャ 23


廊下にはルイス師匠。
ピクチャ 9


お客様もつい足を止めていらっしゃいます。是非、レッスンにいらして下さい!いい汗がかけますよ!!
ピクチャ 8


スケジュールのご確認はTIPNESS新宿店様へ。
ピクチャ 27


そうそう、弊社のHPにて、カイザーMシリーズ(m3, m5)特設サイトがスタートしました。m3・m5のことが沢山分かります。是非ご覧になって下さい!
カテゴリ: m3
タグ: m3  m5 
tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。