01«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

文字を大きく・小さく

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

トレヂエ通信

知識より、もっと広いところに行こう。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

スポーツ分析の極意(特にラグビー/バスケ関係者の方必見です)

2010.03.10/Wed/15:51:43

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
今日は前置きから。

1978年、トレーニングという言葉すらまだ日本に上陸していない頃、弊社社長は当時、NASAの宇宙飛行士の体力維持に使用されたアポロエクササイザーというマシンを車に積み込んで全国津々浦々を走り回っていました。何を隠そう、ウチの社名、フィットネスアポロはここからきています。
アポロエクササイザー

そして、時は流れて早30年・・・情報技術が飛躍的に発達した今、スポーツの世界にも「経験」 と 「カン」 を中心とした指導から、客観的なデータや具体的なイメージを出してくれる最新のテクノロジーが必要とされるようになりました。(日本のトレーニングの歴史と共に生きてきた、と言っても過言ではない弊社の古参スタッフ達は、ついここで遠い目をしてしまいます)

弊社はいち早くスポーツの世界にこの「科学的アプローチ」を積極的にとりいれ、スポーツ分析を通して様々なアスリートサポートを行っています。この分野では草分け的存在と自負しています。

詳しい活動内容は弊社ADSS事業部長、橘のブログをご覧下さい↓
http://apollo-adss.at.webry.info/


さて、数ある「科学的アプローチ」の中でも弊社が扱っているスポーツビデオ分析ソフト「スポーツコード」は今年で販売開始より10年経ち、オリンピックのような国際的な舞台はもとより、大学の授業への導入に至るまで、ユーザーの皆様からご支持を頂くようになりました。例えば北京オリンピックでのフェンシング銀メダリストの太田選手がスポーツコードで対戦相手の競技分析データをipodに入れて戦術の構築をしたのは記憶に新しいところですし、NBA、ラグビーでも国内外の強豪チームがこぞってスポーツコードを導入しています。トップスポーツの世界では、スポーツコード無くして試合無しと言った感すらあります。

弊社では、このスポーツコードをお使い下さっている皆様やスポーツ分析にご興味をお持ち頂いているお客様に感謝の意も込めまして、年に一度、「スポーツコードユーザーカンファレンス」を開催しています。お陰様を持ちまして6年目になるこの企画、早いもので、今年もその季節がやってきました。このカンファレンスでは毎年、国内外ゲストを招聘し、スポーツコードの最新情報やビデオ分析の現場紹介も合わせて発表され、スポーツ分析の情報交換の場としての役割を果たしています。


長くなってしまいましたが、以下、第6回スポーツコードユーザーカンファレンスの詳細です。
まだ、定員に若干の余裕がありますので、奮ってご参加下さい。お待ちしております。

■ 日時
2010年3月21日(日曜日)
受   付:10時00分開始
プログラム:10時30分~17時30分
懇 親 会:17時30分~19時00分

■ 会場
川崎市国際交流センター・レセプションルーム
(東急東横線元住吉駅 徒歩10分)


プログラム予定をざっとご紹介しましょう。
(開催当日までに変更の可能性があります)

10:00 受付開始
●開会あいさつ(弊社社長)
●【オープニング・セッション】
   「SportsCode 最新情報 - SportsCode V8」
●【国内スペシャル・リポート1】
    前田 祐樹 様(ラグビー日本代表テクニカル)
●【国内スペシャル・リポート2】
    千葉 洋平 様(国立スポーツ科学センター、フェンシング日本代表)
● 休憩・昼食
●【招待講演】
    Justin Tanisawa(Sportstec Inc. North American Support Manager)
● 休憩
●【新商品インフォメーション】
    iCODAVX SPORT、iPhone / Macなど
●【SportsCode ユーザーリポート】
    Chris Milsted 様(ラグビーコーチ)
    古田 仁志 様(国士舘大学、元ラグビー日本代表テクニカル)
    秋廣 秀一 様(山梨学院大学、元ラグビー日本代表テクニカル)
17:30~ 懇親会(同じ会場内にて)


今回のゲストとしてスポーツテックUSAから来日するJustin Tanisawa氏は、
名門UCバークレーのバスケットボール部でビデオ・コーディネーターを経験し、現在はNBA、NCAA各チームのサポートを務めています。

また国内ゲストの前田祐樹氏は一昨年から日本代表のテクニカルに就任されています。
スポーツコードは様々なスポーツに利用されています。フェンシング日本代表テクニカルの千葉 洋平氏のリポートも楽しみですね。

もちろんユーザーレポートも充実しています。
特にカンファレンス常連の古田氏、秋廣氏は2007年W杯のテクニカル。トップラグビー界のトレヂエ話が生で聞けるビッグチャンスです。カンファレンス終了後には懇親会も行われますので、ラグビー関係者の方、絶対おススメですよ!

■ 参加料(税込)
○ カンファレンス+懇親会
ユーザー(一般)10,500円(学生)7,350円
ユーザー以外(一般)12,600円(学生)9,450円
○ カンファレンスのみ
ユーザー(一般)8,400円(学生)5,250円
ユーザー以外(一般)10,500円(学生)7,350円

お申し込み方法(←こちらをクリックして下さい)
(1) 申込用紙をFAXにてお送りくださるか、メールに必要事項を記載して
お申し込みください。
(2) お申し込みの後、参加料をお振り込みください。入金の確認をもって
受付を完了といたします。


ここまで突っ走って要項を掲載しましたが、そもそも「ビデオ分析で何を伝えるか」という命題にお答えする為にも3/18に緊急セミナーを合わせて企画しました。こちらは海外ゲストのJustin Tanisawa氏と東頭 俊典氏をお迎えします。バスケットの現場を中心としたセミナーですので、バスケ関係者の方々には特に面白い企画だと思います。
詳細はこちらからどうぞ↓
http://www.fitnessapollo.jp/report/news100318bb/index.htm


おまけ、
こんなゆーつべクリップを見つけました。スプリングボクスのアシスタントコーチの方のようです。言語的には?ですが、こんな風にスポーツコードを使ってYOU TUBEにアップされてますね。
スポンサーサイト
カテゴリ: セミナー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

5月3~5日第24回フィットネスセッションなど。

2010.03.08/Mon/11:40:10

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
今日は先日届いたコボさんこと小池トレーナーからの情報です。ちょっと早いですが、今年のゴールデンウィークはセミナーでブラッシュアップなんていかがでしょう。

第24回フィットネスセッションのお知らせ

毎年1回行われる国内最大級のフィットネス&トレーニングのセミナープログラムです(全88プログラム)
http://www.power-st.com/fitsen/#


その年に話題になっていて注目を集めているヒト・コトが選定・結集。
(今年のテーマは「自己観察 SENSING」です)
http://www.power-st.com/fitsen/program/programlist_01.html

コボさん曰く「フィットネスセッションはこの業界の「紅白歌合戦」のようなものではないかと私は思っています」。
その心は:
紅白歌合戦が年に一度、日本を代表するアーティストたちが集う祭典であるのと同じで、業界内にメッセージを発信していくような役割も担っており、優れたヒト・コトの存在を多くの人に知ってもらう、伝える役割も持っているのではないかと思っています。

とのこと、これは見逃せませんね。

で、ここからが本題です
このフィットネスセッションに「コアパフォーマンストレーニング」を選定して頂きました!

講師はもちろん田口トレーナー、ですよ。
http://www.power-st.com/fitsen/program/program_032.html

申込の方法は直接、フィットネスセッション事務局にて:
http://www.power-st.com/fitsen/entry/index.html


また、4月29日にNPO法人日本スポーツアロマトレーナー協会総会、スポーツアロマフォーラム2010が開催されます。
http://www.jsta-aroma.com/
アロマセラピーは女性のためのゆったり癒し系だけ、という訳ではありません。スポーツの世界でもウォーミングアップ・競技中・クールダウン・日頃のケア・メンタルコンディショニングなどに用いられています。何と言ってもトレーニングとケアの融合、これは弊社の得意技です。

こちらも特別講座としてコアパフォーマンス・トレーニングを選定頂きました。

こちらも田口トレーナーに講師をやってもらいます。
http://www.jsta-aroma.com/sportsaroma_forum2010.pdf

さらに、スポーツアロマフォーラム2010夏として、
全3回(6~8月)のコアパフォーマンス・トレーニング講座も
決定(詳細は後日)。


申込の詳細は日本スポーツアロマトレーナー協会事務局へお問い合わせ下さい。
http://www.jsta-aroma.com/sportsaroma_forum2010.pdf
カテゴリ: セミナー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

コアパフォーマンストレーニングセミナー2010年度予定決定!

2010.01.25/Mon/11:52:21

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。

先日のコアパフォーマンストレーニングセミナー、スペインはコボさんより、2010年の年間スケジュール決定のお知らせが届きました!

クリック→拡大でご覧下さい。
ピクチャ 3
イントロダクション→集中→メンターシップ、とカリキュラムがステップアップしていきます。毎回、とことん身につけたい!というモチベーションの高い参加者の方々が多く、去年は集中セミナーやメンターシッププログラムを再受講される方が沢山いらっしゃいました。是非、割引制度をご利用になって、何度でもご参加して下さい。セミナー講師陣がしっかりサポートさせていただきます。

集中セミナーの概要です。
ピクチャ 4

そして、総仕上げ、「コアパフォーマンスメンターシップ」
ピクチャ 5

内容等のお問い合わせは、
ADSSスタジオ:03-5795-0269まで。

コアパフォーマンス・トレーニング―身体を中心から変えるコアパフォーマンス・トレーニング―身体を中心から変える
(2008/10)
マーク バーステーゲンピート ウィリアムズ

商品詳細を見る


カテゴリ: セミナー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

デジスタにはチョコレートを持って。

2010.01.22/Fri/12:44:40

こんにちは。トレヂエ通信特派員アコです。

お正月気分もすっかり抜けて、巷は手作りチョコから一粒5000円する最高級チョコレートまでバレンタイン一色!

そもそも、チョコレートはスペインが中央アメリカを征服した際に、カカオをスペイン王室へと献上した事に端を発しています。とても貴重であったために当時は上流階級の嗜好品。スペイン王室はチョコレートによって莫大な利益を得ていたので、その製法は長い間門外不出だったそうです。スペインとチョコレートは深ーい仲だったんですね。

と、毎回のように前ふりのながああいトレヂエ通信ですが、
「その心は!」といえば、

コチラ!

↓↓↓↓スペインの風・コボさんからのお知らせです↓↓↓↓
コアパフォーマンストレーニング
イントロダクションセミナー


2月14日(日曜日) 16時~18時30分  受講料:3,150円

場所:ADSSスタジオ
〒141-0001 東京都品川区北品川6-7-22

「コア」をキーワードに数々の情報を耳にすることが増えてきましたが、その定義はあいまいな部分も多く混乱してしまっている方も多いのではないでしょうか。

改めて「コア」とは何か、なぜ「コア」なのか、

これについて今までにないコアパフォーマンスの基本である「ピラー」という概念をお伝えしながら「コア」の理解を深める初級セミナーです。


お申し込み&お問い合わせ先 
氏名(フリガナ)・所属先(学校名・勤務先名)・ご連絡先(住所・電話)を明記の上、以下メールにてお申し込み、お問い合わせ下さい。

h.koike@sports-pro.jp (小池)

毎回大好評を博しているコアパイントロ。向学心旺盛な学生さんから、ステップアップしたい現場のスタッフさんまで、幅広いご参加を頂いております。ここでの新しい出会い、というのも魅力の一つです!(あくまでもトレーニングで、ですよ-笑)
seminerlesson_corepa.gif

体を動かした後のチョコレートはきっと格別の味になるハズです。皆さま、奮ってご参加下さいね!

カテゴリ: セミナー
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

コアパ【メンタ-シップ】チラ見報告

2009.08.25/Tue/12:46:49

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
今までかいた原稿が全部吹っ飛んで、少々めげています。
が、気を取り直して、書かせていただきます。

さて、先週金曜日より、三日間の日程で、コアパフォーマンスセミナーの集大成・コアパフォーマンストレーニングメンターシップがデジスタにて遂に始まりました!

特派員も本社を抜け出し、様子を偵察に。

デジスタでは既にセミナーが始まっていました。
ピクチャ 18

コアパフォ-マンスセミナーは【軸=ピラー】がテーマ。
ピクチャ 1
この澤田画伯のカワイイ絵はなんですかね(笑)。思わずパチリ

今回のメンターシップはイントロダクション→集中コースと経て、教わる側から、教える側へステップアップする最後のチャレンジです。最初に結論からお話ししてしてしまいますが、現場で既に活躍している方なら、絶対知りたい【飯の種】だと思います。3日間という時間の長さもさることながら、この内容の濃さ、知識を現場に落とし込んだ【智慧】として余すところなく的確に伝えていく澤田&田口コーチ。もともと彼らの腕の良さは知っておりましたが、実際に講義の様子を見て、特派員感動せずにはいられませんでした。身内贔屓ですが、ホント、聞いてて面白く、学ぶこと満載!トレーニングを生業にすることの素晴らしさってこういうことだよね、と思わず納得する光景がそこにはありました。

さてこのメンターシップ。一言でいえば【体幹】を【体感】する。そしてその先にある【動作】、これを見る目を養い、いかにパワーに繋げるか。この一連の流れを体験し、習得するというものです。これは何もアスリートだけに必要なものなのではなく、日常生活においても極めて重要な要素だと澤田&田口トレーナーは口を揃えて言います。

そのためには、カラダの構造上のクセをまず取り去る、ということから始めます。澤田トレーナー曰く、【車に例えるならば、車検のようなもの。一度ニュートラルな状態に戻してからレベルアップをしないと、カラダに負担がかかってしまい、思うようなパフォーマンスの向上が望めません】確かにその通りです。

ニュートラルへの第一歩。理想の姿勢=パーフェクトポスチャーを極める、の図。
ピクチャ 2

セミナーはトレーナー役とクライアント役を交代に体験するという、極めて実践的な方法をとります。両方やってみると色んなことに気づくことができますよね。皆さん、実際に現場で指導しているかの如く、シュミレーションをしていました。
ピクチャ 4

こちらは、デジスタでは、ファンクショナルアダプテーション(準備・適応)と呼ばれるメニューの講義風景。トレーニングに備え、各関節および、筋機能を働かせ、動きの準備をしていきます。
ピクチャ 5

ピクチャ 6

事件現場ではありません。
ピクチャ 7
見てるとついやりたくなっちゃうんです。ね、アリーバさん。

こんなことをやっています。実際の講義をちょっと動画でご紹介:


コアパメンターシップ



ここで、挙げておきたいのは、ギアの効果的な活用。なくったってできるけどあった方が数倍効果が上がる。そういうことはトレーニングに限らず、よくあることだと思います。
ピクチャ 10
例えば、ソフトジム。
ピクチャ 8
可動域をスムーズにコントロールすることができます。
ピクチャ 9
もちろん、空気を抜けば、あっという間に携帯グッズ。こういうギアはどこでもできるトレーニングの強い味方です。積極的に取り入れてみると、その違いに驚きますよ!デジスタで有効活用方法を是非、身につけて下さいね。

一通りのチューンアップを終えて、どれくらい【パーフェクトポスチャー】に近づいたかを再検証。
ピクチャ 11
中にはイントロダクションセミナーの頃から、これをもう4回経験している、という方も、今回ようやく【体得しました!】とおっしゃっていました。習うより慣れろ。デジスタのドアはいつでも開いております。

ワタクシの好きな三角形。
ピクチャ 17
準備あってこその行動、そして成果。これは何にでも言えることだと思います。

カラダを巧みに使いこなす能力を開発するには、【答えは1つではない】というのを知ることです。問題点を見つけて、それにどう修正し、アプローチをしていくのか、そこにパフォーマンンスコーチとしての力量が試されますし、また、醍醐味でもあります。

そんな【飯の種】がギッチリ凝縮したコアパフォーマンストレーニングメンターシップ。3日間こんな感じでみっちり進行します!(この先のFMSはもっとスゴいですよ!オメガウェーブも目からウロコだと思います。)次回開催は12月予定ですので、イントロダクション、集中コースとともに是非ご検討下さい。
ピクチャ-16
(クリックで拡大します)

ご参加下さった皆様、お疲れさまでした!ありがとうございます。これからも、デジスタをどうぞご贔屓に。




カテゴリ: セミナー
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。