08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

文字を大きく・小さく

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

トレヂエ通信

知識より、もっと広いところに行こう。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

トレヂエのタネ

2009.01.04/Sun/14:45:05

こんにちはトレヂエ特派員アコです。
 お正月気分も一段落、トレヂエを駆使してエキサイティングな一年を過ごしていきたいと思います。
 今日のレポートはアメリカはカリフォルニア、サンフランシスコよりお伝えします。


 さて、フィットネスアポロとスポーツプログラムス、気がつけば、かれこれ30年近くの年月が過ぎました。トレーニングの黎明期から現在に至るまで、実に様々な商品を取り扱い、そこから更なるサービスが生まれていきました。自画自賛する訳ではありませんが、これだけの長きにわたってトレーニングのネタを探していくには社長をはじめとする我々スタッフが常にアンテナを張り巡らし、東に新しいマシンがあると聞けば、行って相手が首を縦に振るまで交渉し、西に素晴らしいトレーニングの達人がいれば、面白いからと何としてでも会って話を聞いてきた、という「トレヂエ魂」の歴史があります。
その中でも、我が社にとってまさにトレヂエの宝庫ともいえる街がココ↓

SFGGB


サンフランシスコなのです。

サンフランシスコはアポロエクササイザーを持って社長が走り回っていた頃から、 我々にとってアメリカへの入り口だった街です。
その中でもIHRSA(International Health, Raquet & Sportsclub Association) というアメリカで最大のフィットネスコンベンションは、サンフランシスコを始め、サンディエゴ、ラスベガスなどで年に一回開かれていて、無数のセミナーなどと共に世界中のトレーニング関連マシン・用具が出展されます。ここで生まれたエピソードは数知れず。その中でも、特に思い出深いのが、弊社で扱う「Omegawave」という商品を初めて知った時のこと。
omegaproduct

オメガウェーブというコンピュータを駆使したシステムは、個人個人によって異なる疲労と回復のサイクルや、トレーニングに対する適応の状態を詳細に把握し、運動と休養の適切なバランスを分析するシステムです。パフォーマンスに関係する体の各システム(心拍、エネルギー代謝、神経や循環器系、ホルモンや解毒系、筋系など)疲労回復のどの過程にあるか、ベストの力を発揮できる状態であるかどうか、その動態を客観的かつ精確にモニタリングすることができます。先月東京でのクラブワールドカップで優勝したマンチェスターユナイテッドもこの解析メソッドを駆使しています。
モニタリングの方法はいくつかあるのですが、ADSS(トレヂエがギュウギュウ詰まっている我が社のトレーニング施設です)に来る選手の皆さんはまず、こんな感じに毎回計測してからトレーニングを始めます。

omegamonitoring

このオメガウェーブに出会ったのが、かれこれ10年前のサンフランシスコで行われたIHRSA展示会でのことでした。
この時も新たなトレヂエネタを探すべく、社長を筆頭に展示会場を巡っていたところ、カイザー社(弊社で扱っているトレーニングマシンです)を通じて知り合った友人、Randy Hantingtonに「むちゃくちゃ面白いモノを持っている、口で説明しても分らないからとにかく試せ」と展示会場から引きずられるようにランディのホテルに引っ張って行かれ、社長みずからが実験台になったのでした。
このオメガウェーブはそもそもロシアの(と言うよりソビエト連邦の)頭脳と大量動員実験の結果が結びついたソフトウエアでした。一方、その頃の日本では疲労回復を統計学的に分析するなどということは考えも及ばず、選手の主観的な判断や、コーチや監督の経験とカンが全て。「そんなことが横になっているだけでほんとに分っちゃうのかよ!」という半信半疑の出会いだったそうです。
「ランディが『選手に勝たせたいコーチなら絶対にほしくなる!』と言っていたのが印象的だった」と弊社副社長はその時の様子を振り返って、遠い目をしてそう語りました。このランディさん、かつてウィリー・バンクス【1981-1995の三段跳び世界記録保持者】やマイケル・パウエル【1991年東京世界陸上で8m95でボブ・ビーモンの世界記録8m90を23年ぶりに破った】のコーチをしており、東京陸上でマイケルが世界新を出した際にもいろんなエピソードがあるんだそうです(それはまた後ほど掘り起こしますね)。

因に、このオメガウェーブ、リラックスしてモニタリングをするのがコツなのですが、社長がサンフランシスコのホテルの一室であっという間に大いびきをかいたのは言うまでもありません。この世紀の大実験(笑)を経て、今では日本のアスリート達もオメガウェーブを使うようになったのです。
興味のある方はADSS(アポロデジタルスポーツソリューションズ)、電話03-5795-0296まで。解析サポートをおこなっています。百聞は一見に如かず、スゴイですよ。

オメガウェーブの詳細はADSSホームページ・商品情報よりどうぞ。


今年のIHRSA(International Health, Racquet and Sportsclub Association)は3/16-19までサンフランシスコダウンタウンのモスコーニセンターにて。
今年もトレヂエ隊がサンフランシスコに赴きます。
おねだりすれば連れて行ってもらえるかも!?

スポンサーサイト
カテゴリ: オメガウェーブ
tb: 0 |  cm: 4
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。