10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

文字を大きく・小さく

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

トレヂエ通信

知識より、もっと広いところに行こう。

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

ダイエッターの鏡

2009.08.07/Fri/11:47:50

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。

弊社、作ちゃんこと、作田栄養士(AKA:NCコーチ)よりこんな情報が寄せられました。
作ちゃん、ありがとうございます。


覚えてらっしゃる方、いるでしょうか?
半年ほど前のブログエントリーでご紹介させていただいた、クロワッサンのダイエット特集号。デジスタファミリー佐々木勝俊さん(AKA:アバウト佐々木)がいかにm3で12キロの減量に成功したか、という記事が掲載されていますが、この度、このクロワッサンダイエット特集が保存版として、一冊になった模様。

こちら↓
cover.gif

もちろん、アバウト佐々木氏の記事もリバイバルで掲載されています。
記事


m3養成コ―スも終了し、先取り絶好調のアバウト佐々木氏。お腹、見事になくなってます。
記事アップ
キロって、スゴいですよ。軽めの折りたたみ自転車一台分ですからね。

特派員が仕入れた情報では、我らがm3、某大手フィットネス施設さんでもレッスン開始にむけ、只今、着々と準備中。m3インストラクターも続々誕生しています。8/17には新宿方面、今秋には東横線沿線(川崎方面)でデビューとのこと。とっても楽しみです。皆様のお近くでもm3を見かける日がきますよ!

金曜夜7時からはデジスタでもレッスンが受けられます。リードはもちろんアバウト佐々木氏でーす。




カテゴリ: m3
タグ: m3 
tb: 0 |  cm: 3
go page top

 

今すぐ使えるプログラムのご提案とデモンストレーションとは

2009.05.23/Sat/19:18:38

こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
五月病、なんて言っていられないほど何だか暑くなってきてしまいましたね。
ちなみに、昨晩は真夜中に蚊とバトルを繰り広げた特派員です。


さて、前述にもありますが、今年のHFJのテーマは、
今すぐ使えるプログラムのご提案とデモンストレーション

テーマにするくらいですから、日々の営業活動でもこちらはぬかりありません。
せっかくですので、今日は弊社のプログラムをご利用頂き、デモンストレーションを実施して下さっている施設のご紹介を。

覚えていらっしゃるでしょうか、2月にお邪魔させて頂いた渋谷TIPNESSさん。今月もゴールデンウィーク企画の一環として、m3のデモレッスンを弊社が行わせて頂きました。

今回はオッケー安達・アリーバ清水に続く秘密兵器第3弾、
ジュリアーナますみの登場です!

じゅりあな


ますみ先生は老若男女とわず幅広い年齢層に受け入れられるカリスマインストラクター。エアロビクス、ステップ、チア、ピラティスと幅広い指導プログラム。フィットネス分野だけでなく、学生アスリートへの指導経験も豊富。

と、タダモノではございません。そんな我らがジュリアナ、とうとう、m3デビュー

え?何でジュリアナかって?扇子が見えてまいりませんか・・・フフフ。
お立ち台が青春の舞台だった、とか。トーキーオー!

light


今回のデモは前回とはスタジオを変え、ライティングもお楽しみの要素として取り込みました。都会のサイクリングは何かと緑の中、というより灰色ジャングル。ならばいっそのことスタジオで、思いっきり音楽と共に汗をかく。脂肪もストレスもすっきり落としましょう。そうして体力をバッチリつければ、ちょっと遠出の本番サイクリングがもっと楽しくこなせるってえもんです。

後ろ姿ですが、【あっ、この方は2月にいらして下さった方!】とリピーターのお姿も見受けられ、とても嬉しい限り。



そう、サイクリングは今年のキーワードになりそうな予感、大。
エコ、という観点からも、不況、という観点からも自転車への注目度は只今赤丸急上昇中。いまや、本屋さんで自転車特集の組まれていない雑誌は無いほどです。

そんな旬の自転車。ゴールデンウィーク中は渋谷TIPNESSさんと渋谷西武さんとのコラボも行われ、サイクリングをフィットネスにどう活用するかというセミナーでm3をご利用頂きました。

弊社キムチョルがたまたま渋谷西武さんで見かけたその模様がコチラ。
西武デモ


「ペダリング」を自信を持ってご提案し、長きにわたり万人に愛されるプログラムになると確信しました!とは本人談。

弊社はバイクスタジオの設計はもとより、m3のインストラクター養成も行っておりますので、高いトレーニング効果とお客様に楽しんで頂けるノウハウの両方をしっかりご理解いただき、質の高いプログラムをお客様にご提供できる内容をご提案しております。

それにしてもそんな世の中の流れをいち早く掴んでいらっしゃる渋谷TIPNESSさん。これからどうやってこの自転車旋風をフィットネス業界に仕掛けていかれるのか目が離せませんね。



カテゴリ: m3
タグ: m3 
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

金曜日のアバウトたちへ

2009.03.10/Tue/01:07:00

 こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。
本日はスローな速報が福長よりやってきましたので、ここに掲載いたします!



 昨年の春からのトレーニング三昧の日々の成果がここに結実

 3月6日金曜日、ブログにもコメントをちょくちょくいただくアバウト佐々木氏が、新装成ったADSSスタジオでm3ペダリングインストラクターという新たな境地の第一歩を回し始めました!

ペダリング中
知人友人を強制参加させたのでは?という副長による観察は当たらずとも遠からず。


 でも、それって、インストラクターのクラス作りの大事なコアなんですよね。


 ココロを込めた自分の仕事を周りの人から体験してもらって、【いいっすねー】【サイコー!】【こんなに汗がぁぁぁ】【ヤツはこんなことできるのか!?】などなどの感想と共に次の輪に広げていってもらう。

 用意されたスタジオのお客様に【先生】然として登場する、というのは年ほど前のエアロビクス縄文時代を見てきた副長としては、それでスタートできると思っちゃだめだよ、という感を深めておりましたので、アバウト氏の行動はインストラクターの原点を見たような心持になりました。

 自らクリエートしたループミュージックを使い、話術を最大の武器として、1時間の初ペダリング・インストラクションは成功裡に終了。これからどんどん磨いていけば、アバウト流ペダリングの家元になれるかも。
トーク中

アバウトなサイン
(胸にはさりげなく、どくろマーク。このセンスとウエアが欲しいです―特派員)

 ルイス師匠やオッケー・安達、アリーバ・清水の音楽で乗るクラスとは大いに違う、でもペダリングの原理原則ははずさないクラス作り。音楽にノって!!と言っても、そこはラテン人のようにはいかない我々日本人を巧みな音とトークで引き込むあたりはさすが放送作家!参加者はペダリングのリズムがつかみやすく、すごくやりやすかった、と好評。


 みなさま、お疲れさまでした!そして、これからもアバウト佐々木氏をどうぞご贔屓に。


 毎週金曜日夜7時。皆さん予定表にアバウト・マークアバウトなマークを入れて、ADSSスタジオでペダリングに繰り出そう!


最後の〆はトレポチ号と、
↓↓↓↓↓↓


トレポチ号で!!
↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

ありがとうございました!
カテゴリ: m3
tb: 0 |  cm: 8
go page top

 

Team m3 参上!

2009.02.13/Fri/16:42:59

 こんにちは、トレヂエ通信特派員アコです。皆様、週のど真ん中の休日はどのように過ごされましたでしょうか?休日と言えばイベント、イベントと言えばこちら↓

m3駐車中


 今年の弊社の合言葉【2009年 闘う丑と粘り腰 サインは・・・「G・K・O」】の闘う丑、m3ミュージックロード・イベントサイクリングです!ワタクシ、ティップネス渋谷店様へ特派員取材に行って参りました!

 弊社の秘密兵器、ライドネーム、アリーバ清水オッケー安達のペダリングデモンストレーション。30分と1時間のクラス2本立てです!

左オッケー、右アリーバ
ありーば&おっけー


 会場と同時にクラスはほぼ【サドル】。半数の方はインドアバイクの経験のある方だったらしく、中にはカッコいいウエアでビシっと決めたお客様も。もちろん初めての方も楽しみにして来て下さいました。ありがとうございます!

調節


 ペダリング前のシート調節は大事な準備です。そしてお客様との楽しいコミュニケーションの時間でもあります。m3のポジショニングは、
 ブルホーンバーハンドルの高さ調節。
 サドルの高さ調節。
 サドルの前後調節。
と、3カ所でのスムーズな微調整が可能です。お客様一人一人にベストの乗り具合をしっかり決めることができます。m3に慣れた方ですと、調節用の目安として各パーツに書かれているアルファベットで位置を覚えておき、一発でm3をマイサイズにチェンジされます。

gage.jpg

 このポジショニングに慣れると正しい姿勢で漕ぐことができますし、ひいては乗っている間の【うっ、おシリ痛いかも・・・】を軽減することができます。


お水は大事です!
お水は大事


クラスが始まりました!
デモ全景


 インドアバイクは数多く世の中に出ておりますが、リアホイールバイクはm3だけ。オンロードのリアルなライディングが楽しさ倍増のヒミツです。

 今回、計21台のm3を持ってスタジオにお邪魔しましたが、これだけの数のホイールが廻っていてもとっても静か。音楽に集中してエクササイズができます。大音量で音楽を聴きながら公道を走ったら、そりゃあもう危険極まりないことこの上ないですが、このミュージックロードはm3の走行感と音楽の臨場感が両方できる、それはそれはオイシイ体験です。このアドレナリン大量発生状態まで持っていくのがインストラクターの腕の見せ所。アドレナリン大放出までの道のりは決して楽々(ラクラク)ではありません。が!楽々(タノタノ)でみんなで一体となって汗をかく(about佐々木様からの受け売り)。これがm3の真骨頂です。もちろん、個人差と言うものがありますので、負荷の掛け方でコントロールしていきます。

 ところで、クラスについていくことや合わせることを考えてしまうと、自分にあった運動強度が出せないのでは?というご質問を時々受けます。インストラクターは目安として負荷の掛け方をお客様へお伝えしますが、m3のエクササイズの醍醐味は、自分の運動強度にあった負荷を如何に【自分でコントロールするセンスを磨くか】、ということも含まれます。P=FxV(パワー=筋力xスピード)というのがm3のコンセプト。このスピードだけに頼らないパワーの開発ができるのもm3の大きな魅力です!(詳しくは前述のパワーワットトレーニングをご覧下さい)

 そうしたことを踏まえて、m3の負荷は調節が自由自在な【磁石】を使っています。ちょっとマニアックな話になってしまいますが、m3のホイールはサビ等に強く、軽量なアルミ製。アルミに磁石はくっつかないのに、不思議ですよね。フーコー電流というものを使っているそうなんですが、ワタクシ物理にはまるで明るくないので、かいつまんでお話をすると、アルミ円板を回転させておいて、磁石を近づけると回転にブレーキがかかる、という原理を使って負荷の強弱を生み出しているのだそうです。一瞬で正確に負荷を調整できるのはこの磁石の起こす【磁界】と非伝導体【アルミ製ホイール】のお陰だったんですね~。これをインドアバイクに応用したカイザー社のデニス・カイザー社長、UFOもビックリの凄い発想力です。ベルトやブレーキパッドなどの摩擦抵抗ではこうはいきません。

磁石


 ちなみに立ってペダリングするのは見ているよりもかなり運動量の高いエクササイズです。
クラスが終わる頃には皆さん本当にいい汗をかいています

大汗
 
 この方、クラスの後、【床がびしょびしょになってしまってスミマセン】とわざわざお声をかけて下さいましたが、とんでもありません!汗が水たまりのようになるのはm3で正しくエクササイズをした証拠です!お疲れさまでした!



撤収風景。坂道も楽々、
安達さん撤収


コンパクトなので、ワゴン車にこれだけ積めまーす。
m3バン


 次はアナタのスタジオにお邪魔するかもしれません。
Team m3をこれからも宜しくお願いいたします。

←トレポチを宜しくお願いいたします。
↓↓↓










カテゴリ: m3
tb: 0 |  cm: 12
go page top

 

トレヂエUPDATE・その1

2009.02.02/Mon/14:03:05

 こんにちはトレヂエ通信特派員アコです。
 早いですねー。あけましておめでとうございます、と思ったら、もう二月になってしまいました。このブログ版トレヂエ通信も先月開始以来、一ヶ月間で600人近い方々のご訪問を受けました。拍手にブログランキング、コメントなどなど、あつーいご支援を賜りまして、三日坊主にならずに継続しております。これもひとえに、読者の皆様のお陰です。これからも120%全開GKO(*注1)でトレヂエ通信を盛り上げてまいりますので、何卒宜しくお願いいたします。


 さて、1月中に様々な記事を書きまくってきたワタクシですが、2月のトレヂエを始める前に、ココは1つアップデートを兼ねたおさらいを連発でお届けしようと思います。幸い弊社、トレヂエネタには尽きる事がございません。書いたそばからバレー部朝練のボールのようにどんどん続報が降ってきます。先月の話で終わったと思ってはなりません。題して、

【上がったトレヂエは必ずアタック!】

 第一弾は1/11付けの【世界の○○○そして○○○!○○○!○○○!の放送作家も!】でご紹介させて頂いた、世界のアオキこと青木功ゴルファー。週刊新潮に【おれのゴルフ】というコラムを書いていらっしゃいますが、2009年2月5日号(2009/01/29発売)の記事に、先日のトレーニングの様子が詳しく掲載されています。

青木さん記事


 青木選手のおっしゃる【専属のトレーナー】とは弊社田口のこと。自転車漕ぎ、とはモチロン!m3【パワーワットトレーニング】のことでございます。ちなみにワタクシはこのトレーニング中、ADSSスタジオの片隅でコンピューターに向かって仕事中でございましたが、村田さんの叫びがまだ脳裏に焼き付いております(笑)。本当にお疲れさまでした。ワタクシも一応経験済み(本当にやるんですか?と一度は止められました)のパワーワットトレーニングですが、続けているとこのワタクシですら段々と自己最高の負荷を更新できるようになるのがオドロキです。継続は力なり、とはまさにこのことですね。冬がシーズンオフのスポーツ競技は沢山あると思いますが、やはり青木選手のおっしゃる通り、オフは選手にとってお休みではなく、【仕込み】の時期。【体・技・心】に欠かせないのがトレーニングなのだなあ、と改めて感じた青木選手のコラムでした。

*注1:GKOとは?
今年の社長の鶴の一声で決定した弊社の合い言葉。
【2009年 闘う丑と粘り腰 サインは・・・「G・K・O」】
G・・・元気ですか~!
K・・・気合いダ~!
O・・・オー!


←トレポチを宜しくお願いいたします。
↓↓↓
カテゴリ: m3
tb: 0 |  cm: 2
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。